マンション売却

マンション売却する場合はまずいくらで売れるか売却価格を知ることが大切ですね
いくらで売れるのがわからない状態で不動産屋に売却の委任をたところで
最安値で叩き売られるのがオチ
街の不動産屋にせよ
不動産のプロパー達は
一件売ってなんぼの世界だから
高く売っても
安く売っても自分たちのサラリ―は変わらないと言う現実がある
それなら一番早く契約が成立しそうな最安値で売り出せば顧客はすぐに食いついてくる
後は安くうまくたたき込めばいいだけだ
高く売る秘訣もくそもあったもんじゃない
だから大切なのは自由競争の原理
戦わせることだ
競争の原理が働くと人間強くなる

 

不動産売却や査定で生きていく為には実績が必要だ

 

だから少しでも高く売るため彼ら営業マンは努力する
しりをたたかなければ会社員は動かない
自営業も不動産屋も同じだ
マンション一括査定で競争させる
嫌でも走り回る営業をさせる
シリをドンドンたたく
これで良い顧客を探せるのだ

 

ただし町の不動産屋は売却スキルは高くない
とくに近年のマンションや不動産流通事情にはかなり疎い

 

だから利益、利幅よりとにかく契約を成立させることに専念する
だから契約さえすればよいと言う契約成立最優先の戦力で迫ってくる
つまり売却値が安ければそれだけ顧客が付きやすくなる

 

これでは売り主にとって大きな損失になるのは明らかだ
だから力のある大手不動産会社に高値売却の査定を出させる必要があるのだ